NTTIPDNTTIPD

小水力発電システム

小水力発電システム

事業の策定から事業性や環境の評価、設計・構築まで、ワンストップでお客さまの小水力発電の導入を支援します。

特徴

未利用水力エネルギーを活用

農業用水等の従来利用されていなかった未利用水力エネルギーを活用します。

低落差型小水力発電システムの採用

開水路に直接設置し、大規模な土木工事が不要です。
バイパス水路等は不要で、短期間で設置ができるシステムを採用します。

導入までの流れ

小水力発電導入までの流れ

小水力発電導入までの流れ
手続き課 題
1. 構想事業目的の決定、場所の設定、体制作り・水利権の確認
・景観・騒音の影響把握
・漁業権者との調整
2. 調査・概略設計候補地の測量、流量等の基本調査、関係各所との事前協議
3. 設計実施計画事業性評価、事業化の可否決定、詳細設計
4. 申請河川法等の法令に基づく許認可申請や協議(関係法令)
・河川法
・電気事業法
・公園法、自然環境保護法、国有林野法 砂防法等
5. 開発・届出発電所の建設工事、機能確認等の検査
技術者専任当の各種届出
6. 運営維持管理関係法令に基づき安全な運転と保守・維持管理・大雨後の土砂やゴミ除去など

お問い合わせ

NTTファシリティーズエンジニアリング株式会社

お問い合わせフォームはこちらから
本社営業部 03-6435-4331

受付時間:10:00~17:00 ※土日祝日及び年末年始を除く